バルトアンデルスは連続的な怪物,時間の怪物である。(ホルヘ・ルイス・ボルヘス 『幻獣辞典』より)

ゼロから始める Hugo

text.Baldanders.info に掲載していたが,内容が古くなって最新情報に追従できなくなったのでこちらに移転した。 このセクションは基本的にメンテナンスされない。 最新情報については今後も text.Baldanders.info で紹介する予定である。

  1. Hugo に関するブックマーク (by Spiegel, ) #bookmark #hugo
    » 当サイトを Hugo で構築するにあたって参考になったページを紹介する。
  2. インストールから Hello World まで (by Spiegel, ) #helloworld #hugo #install
    » 自サイトのブログ機能を Hugo で外出しにする作業を行うにあたって,いろいろ試しながら作業している。ここではその時のメモを公開する。
  3. Categories, Tags そして Section (by Spiegel, ) #categories #hugo #section #tags #taxonomy
    » 前回の続き。今回は Categories, Tags そして Section について書いてみる。
  4. Theme を利用する (by Spiegel, ) #hugo #theme
    » 前々回,前回とちょっと飛ばしすぎたので今回は軽めに theme の話題を。
  5. Template の部品化 (by Spiegel, ) #hugo #template
    » 今回は Template について,もう少しだけ詳しく紹介してみる。
  6. Categories や Tags の一覧ページを作る (by Spiegel, ) #categories #hugo #tags
    » 以前の回で紹介してなかったのだが, Categories や Tags の一覧ページを作る機能があるので紹介する。
  7. Shortcodes で HTML コードを埋め込む (by Spiegel, ) #hugo #shortcodes
    » たとえば記事の中に YouTube の動画や SlideShare の HTML コードを埋め込みたいとする。こういうときは Shortcodes の機能を使うと便利だ。
  8. Chroma Syntax Highlighting (by Spiegel, ) #hugo #markdown #shortcodes #syntax-highlight
    » 今回のアップデートの目玉は純正 Golang 製の Chroma を組み込んで Syntax Highlight に対応したことだろう。
  9. Hugo におけるサイト内相互参照 (by Spiegel, ) #hugo #shortcodes
    » Hugo 0.45 から ref/relref の仕様が変わったので紹介する。
  10. Hugo で Git 情報を取得する (by Spiegel, ) #git #hugo #site
    » Hugo の環境を git で管理している場合はコミット情報等をテンプレートに組み込むことができる。
  11. JSON 形式で Feed を出力する (by Spiegel, ) #feed #hugo #json
    » Hugo では JSON 形式のファイルも出力できる。